Encounter Knot 800

タイトルとかけ離れたモチベーションで華麗(※注 決して早い訳ではない)な更新頻度を発揮するかもしれない趣味的ブログ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

RP-CL720A-K 買ってみた。

DIGA専用ブルーレイレンズクリーナーなるものがあるそうな。
DIGAのカタログにも記載されていて、DIGAが唯一クリーニングモードに入れるクリーナーという謳い文句でPanasonicのサイトに掲載されていた。
駄菓子菓子だがしかし、どんな感じなのか、はっきり出てこないのでヒトバシラー感を出しながら買ってみて、今日使用したのでレポしておく。
よくわからないのがパッケージがいかにもブルーレイ専用な雰囲気なのだがDVDも可だという。

RP-CL720A-K_01RP-CL720A-K_02
               パッケージ表裏

ケースを開けたところ
RP-CL720A-K_04
       中身

クリーニング液の収納場所がなんとも秀逸。普通のディスクケースならデッドスペースとなっている場所を利用している。
RP-CL720A-K_03
  ケースとクリーニング液

ちなみにクリーニング液容器の一部が斜めに加工されているのでその部分を押して立てて取り出すことができる。上の写真は立てた状態。

クリーニング液はふた裏にクロス(ディスクのハケ)に塗るためのハケが付いているタイプで容器をひっくり返すと多分ドボドボこぼれるから注意。
RP-CL720A-K_08


DIGAに入れるときは向きが指定されている。たぶんクロス(ハケ)がトレイに接触しないようにか、レンズに触れるか触れないかの問題からなのだろう。
RP-CL720A-K_05
        on Tray

動作中にアニメーションが表示されるということもなく、ディスクの種類判別動作しているときにクリーニングするような感じ。実際は、謳い文句のクリーニングモードで動作してレンズの位置が変わってたりするのだろうけど。
終了時には読み取り不可のような表示のみ。決してクリーニングが終了しましたというような説明はない。
RP-CL720A-K_06
     NoREADの表示

ディスク裏側はこんな感じ。
RP-CL720A-K_07

5枚の四角形のクロスが斜めに並んでいる。

使用感はまだ読み取り不可になったりしておらず、定期清掃の面があるので割愛させていただきます。


ぶれた写真がなぜか汚れているように見える……。
スポンサーサイト
デジ物の類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。